フラワー教室 花 アクセサリー 横浜

HOME フラワー教室 花 アクセサリー 横浜

English GUIDE
Introduction of Garde

フラワー教室 花 アクセサリー 横浜
Garde.の特徴
コーティングレッスンのご案内
花材別Gardeの塗り方
フローズンフラワー商品のご案内
お問い合わせ

フラワー教室 花 アクセサリー 横浜
フラワー教室のご案内

Facebook

スクール フラワー教室 花 アクセサリー 横浜市都筑区
    ガルデを使ったレシピ<開花・強化方法&コーティング>

フローラル工房 桂 / Floral Kobo Katsura HOME > Ecole de Gardeコーティングレシピ


〜 開花・強化方法 〜                                            
                 レシピをご利用の方は、右側のボタンからPDFがダウンロードできます ダウンロードボタン

◇バラ           step@★
サンプル画像
花を逆さにして茎をもち、がくのつけ根とがくに液を筆で塗る。
液を入れることでがくが柔軟になり、花びらががくにささえられ、
ひらかせることが出来る。(画像クリックで拡大して見られます)

               stepA★
サンプル画像
がくの内側にも筆を入れる。(画像クリックで拡大して見られます)

               stepB★
サンプル画像
外側の花びらは、がくから先端に向けて繊維に沿って一周塗る。
(重ね塗りをしない。)

バラを上向きに持ちかえて、外周1段目3枚のはなびらの内側付け根に
筆先を使って液を入れ、はなびらを開かせる。
(この時、花びらの内側全体には塗らない。)(画像クリックで拡大して見られます)

               stepC★

2段目3枚の花びら付け根に筆先で液を入れ、開かせる。
(この時、開きたい角度をきめる。)


〜 コーティング 〜                                            

◇バラ(中輪以上のもの)

上記のバラ開花・強化方法の手順をおこなう。(step@〜C★)
バラの形状を整え、スプレーし、筆で軽くのばす。上向きにして乾かす。

◇小輪のバラ

がくを含む外側全体を塗り、残りはスプレーし、筆で軽くのばす。

◇花びらの塗り方

筆を使用しますが、強い圧をかけず、少量の液で薄く、重ね塗りはしない。
スプレーを使用した場合にできた水滴は、乾いた筆で軽くのばす。乾かす。

◇360度がくのあるもの(ガーベラ・カーネーション・スカビオーサ・スプレーマム等)

外側のがく、軸の部分、ふくらみの内側にも筆を入れ液付けをする。
外側の花びらは、先端に向けて繊維に沿って塗る。
花を上向きに持ちかえて、スプレーし、筆で軽くのばし、形状を整える。上向きにして乾かす。

◇実もの (ライスフラワー・ベリー・ブルニア等)

軸を塗り、実の部分にスプレーし、筆で軽くのばす。乾かす。

◇フィラフラワー  (アジサイ・カスミソウ等)

茎を塗り、はなびらにスプレーし、花を分けるように筆で軽くのばす。乾かす。

 
※ ガルデは補強に最適です。上記「★印」はガルデ使用をお勧めします。

※ ガルデライトはスプレー対応です。20センチくらい離して使用することをお勧めします。


COPYRIGHT(C)2011-2016 フローラル工房 桂 ALL RIGHTS RESERVED.